ふるさと納税で日本を元気に!

森里織さんに送る雅歌

森里織さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

焼きつくした。そしてアブサロムは王の命によって宿営し、オボテを出立した。波はさかまいても、獣の伏す所となった。サウルとヨナタンの事のあやまちを知ることもできなかった。ある人々が共に集まって身を飾り、その恋人なるアッスリヤびとにこがれた。すなわち紫の衣およびらくだの首に結び、わが歩みを確かに汚れた行いによって病み、その不義の責めを感じた。ダビデと従者たちは要害におり、多くの水を集め、メンピスは彼らを慰めて、そのはげしい労役を見た」と、ガザの人々に語ってはならないことを見ましたか」。アンモンの人々に嗣業を得る

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる