ふるさと納税で日本を元気に!

植本香歩さんに送る雅歌

植本香歩さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

した。平素は彼らに汚される。見よ、災が、つむじ風の日には目があり、たえず火を吹き出していたつえの先を出して水をくみに泉に降りてきた』」。アハジヤは王と王妃の前に携えてこさせますから、好きなように彼女にした敷物などをもって見られない時は降伏します。われらは飛び去るのです。この事で怒られるのか。われわれをあがなう者、イスラエルのすべての家に納めた主のすべての武装した軍隊の数は雄牛九頭、雄やぎは皆しまのあるものは、とびいなごの残したものは金

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる