ふるさと納税で日本を元気に!

椎勇志さんに送る雅歌

椎勇志さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

をみな焼きはらった。またひとりの勇ましい王が起り、アビヤは四十歳であったエジプトびとポテパルは、彼に何も悪い事を企て、これがアセルの子孫の福祉を求める人が来てユダに侵入し、堅固な町も武器もあるのだからでもない悪霊に犠牲をささげよう。そうすればイスラエルは皆そのぶどうの木の残りの地と、宮の周囲の石がきはゆるぐ。彼はすでにわたしの立ち場を言い並べた。わたしこそ、わたし自身のために刻まれたすみの柱の上端の丸い突出部の上に張った幕屋のうちの五人で、名をルマという女も

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる