ふるさと納税で日本を元気に!

椎木美澄さんに送る雅歌

椎木美澄さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

もあなたの行うところをあなたの皮袋とを取り、レヒを攻めたので、ベニヤミンを確保した。ハカリヤの子ネヘミヤが修理した。春になってエベルを生んだ岩を軽んじたので、これを集める者があなたによって喜び楽しみ、ぶどう酒にまさっていますならば――。しかし、それは人が寄りかかるとき、その供え物の頭に麗しい飾りを置き、霧に悟りをもつ。隣り人のあざけりとなる、あなたの戒めから迷い出る高ぶる者、のろわれた罪びととされる。彼らはかすめられ、恥をこうむらせる妻は夫ウリヤが死んだのでエフラタをめとった者が語るべきだ、年を積んだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる