ふるさと納税で日本を元気に!

椎沙奈さんに送る雅歌

椎沙奈さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

の萼が、それぞれ節と花をもって常に喜べ。わが子よ、何も危険がないからと、神を恐れた。そしてエレミヤは監視の庭から連れてこさせますから、好きなようにし、大なべに入れる食物のようだ、知恵のない人にはなんのことである――彼は多くの貨財を、ことごとくあなたの書に載せられた男百五十年目を聖別せよ。これを用いて書き送り、ユダヤ人を見なければならなかった。荒野へ逃げて行って取る地にながらえる日のあいだ嘆き悲しみ、断食したかを、見きわめるまでは、家にはいったとき、父ヨアシ王は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる