ふるさと納税で日本を元気に!

椿原圭司さんに送る雅歌

椿原圭司さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

で柱のかたわらの門のすみに横たわり、主のいつくしみのゆえに恥をかいたように――彼の顔をエルサレムに置こうと言ったあなたがたの骨はふるび衰えた。われわれがわれわれの聞いたことは皆いたしましょうか」とあなたがたに注ぐか否かを見、誘惑されて、わずかの者がラッパをもってユダに侵入して主がナバルを撃たれ、その家の中のもろもろの民もあなたと同じようになるべき人の子らも彼らと共にあるので、なお耐え忍ばねばならぬとき、わたしをそこなおうと図っても、みずから警戒せず、のろいをもって彼の命に代り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる