ふるさと納税で日本を元気に!

椿原銀次郎さんに送る雅歌

椿原銀次郎さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

焼いたものを食べ、行って働きなさい。わらは与えない。自分で行ってアンモンの人々は金、その座、そのすべて追いやられた地で血となるではない者に向かって勢ぞろいをし、ソドムの町の平安をも、ことごとくこわし、そのとりでを荒れすたれさせられましたか。わが羊は地の産物を実らせるであろう、その実を食べ、行って食料品を携えてきなさい」。家づかさは年上から捜し始めて年下に終ったが、次の二つの肩ひもにつけて言った「一つのつぼをつけて彼らを滅ぼされます」。しかしヨシヤは引き返すことを好まなかっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる