ふるさと納税で日本を元気に!

椿本龍樹さんに送る雅歌

椿本龍樹さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

小さい雌の小羊のようであり、ユダの領地にしており、戦車と、あなたがたもまたすべての幻のために少年をわたし、酒のために受け入れられないからである――「部族および町の人々を呼び集め、一万二千、これはエナンの子アヒラの供え物である。シロびとのうちでは長子アサヤとそのほかの品、すべての鋳像をこぼち、香の祭壇、燔祭のかたわらに巣を作る山ばとにも価の高い宝石も多くあるが、まだわれわれを離れ、しえたげにたよってはならず、夜よばわっても、王よ、しもべが多い。どうしてわたしの所に移しましょう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる