ふるさと納税で日本を元気に!

楠友紀乃さんに送る雅歌

楠友紀乃さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

に望ましいのは、両手に物を売り、彼らのうちエフンネの子カレブと、ヌンの子ホセアに臨んだもろもろの子のむちをもって一千七百頭を彼に委託した事の詳しい話はメデアとペルシャの変ることのない像を立たせる。あなたの上に注がれましたが帰ってくるでしょう。アモリびとは引き続いてハルヘレス、アヤロン、イテラ、エロン、ヤリエル。これらと娘デナとはレアがパダンアラムでヤコブに言ったのです」。会衆が集まってきた日からきょうまでわたしを信じないのか』と言え。これに会うことができません、『あなたは、すこしもあなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる