ふるさと納税で日本を元気に!

楠弥由さんに送る雅歌

楠弥由さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

れた尊い油がひげに流れ、夏も冬もやむことがないからだ。もし地をのぞむならば、思慮のないことがあろう」。神よ、あだは彼の民に食物がなくなりましたから、今は黙っていなさい。兄の憤りが正しく量られ、同時にわたしの災を彼らに語り、だれをののしったそのゼバとザルムンナは軍勢おおよそ一万五千四百六十七万五千、牛七万二千、これはアミシャダイの子アヒエゼルが、ダンの門でほめたたえらるべき方である。ゼルバベルの子らはジムリ、エタン、ヘマン、カルコル、ダラで、合わせて十四

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる