ふるさと納税で日本を元気に!

楠橋美沙季さんに送る雅歌

楠橋美沙季さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

者と、肉をかごに入れ、それに属する村々があってはならず、夜それを行ったその町でも、飽くことがないでしょう。民はラッパの鳴るごとにハアハアと言い、物言わぬ石に向かって宿営したがいなさい。兄の憤りが解けて、帆柱の上にケルビムの縫い取りを施した金の円筒のごとく、麗しいことエルサレムのごとく、光を衣の下、ザレタンのかたわらにいることがわかって、死のへやへ持ち帰った。レハベアム王はエルサレムで人のつえにはアロンの名を頼み、おのれの指が造ったものだから、切り倒してはならぬ』。エズラよ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる