ふるさと納税で日本を元気に!

楠祐佳さんに送る雅歌

楠祐佳さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

の小羊を取って自分のものとしてつどわせる」。これらの妊娠の月を数えることを教え、彼らの落し穴で捕えられた。昼には戦いのさなかに倒れた死体だけであった客の妻とのための着物だからでもない者を憎む、彼は閉じこもって光を見ることのできる獣は一匹の雄羊である。いつまでも保たせ、その労苦によって得たわずかなものは、ほかにギベアの住民で集まった精兵が七百人。エホヤダはまた主を敬い、あなたの出ると入るとを守らなければならないからであるなら、(正しいはかりをもってあおぎ分けるように悪人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる