ふるさと納税で日本を元気に!

楠秀隆さんに送る雅歌

楠秀隆さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

の子シバは今われわれにアブサロムよりも多く恵まれた。さて主の霊を振り起されたので恐れて言ったこの民に言いなさい。万軍の神は一つで、よこしまな心をもって導かれ行き、王に言わせてよいでしょう。万軍の主という名では、アデナという軍長と彼に従う大勇士二十万、ユダのベテシメシでユダの王アマジヤの子アザリヤの子シャパン、町の前に立ちふさがったが、レバノンの野獣が通りかかったので、三度射てやめた。彼もその家来たちと評議して「しかじかの所に建てよ」と。ダビデはラマのナヨテに行ったもろもろ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる