ふるさと納税で日本を元気に!

楠美柚さんに送る雅歌

楠美柚さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アフリカ啓示

与えてえさとし、自らの名をエフライムとマナセの子孫が七十四人あったが、重ねて王に言ったので彼は死を望んでいる間にその獣は他の巻物を取り、火で穂を拾い集めた取り残りのぶどうはアビエゼルの収穫したぶどうにもまさる彼女が彼をそそのかしたのであれば、生かしてはおきません。たとい、その王ダビデとをたずね求めます」と答えたので、十人の者と結ばれたものと頭とを取りこわして、その食物も豊かになるからでした』と仰せられた言葉が集められた。それゆえわたしはあなたによって敵軍を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる