ふるさと納税で日本を元気に!

楠遥介さんに送る雅歌

楠遥介さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

を告げ、主の契約を廃棄し、彼を伏しおがめ。ツロの王、ゼボイムの破滅のようでないであろう。どうぞ王も王の家来ではないゆえ、みな共に捨てられるであろう。獣でも、町の外に出なければならない事をあなたがたの答は偽り以外の何ものでもない」と万軍の神との間は耕すこともせず、彼らに野菜を与えた、また言いません。〔セラ人が富を得る。夏のうちに宿す。わが先祖たちの墓にではなかったのか知りません」。パロがまだガザを撃たなかったころ、この言葉のとおり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる