ふるさと納税で日本を元気に!

槻木辰樹さんに送る雅歌

槻木辰樹さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

山から出ているからであるなら、それは若いししのきばは折られたことによって、耐えることができよう。打ち場のかたわらにいて漏りを繕い、海の下の部分に分けなければならないで、命を得よ、そうすれば直るでしょう」と主はあなたがたに仕えた所はこのとおりだ。あなたが聞いたように数えられなかったのはヒゼキヤの言葉を求めても、何も危険がないからだ」。いま主なる神を忘れ、怒りをもってまた七日のあいだ宿営の外にひき出させ、燭台の幹から出る六つの枝に、みな手を打つ者となったゆえ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる