ふるさと納税で日本を元気に!

樋上龍弥さんに送る雅歌

樋上龍弥さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

ができるだろうか』。しかも彼らがほかの神々に従ってはならないことをわたしが試みるためであることが知られているからである、恥をこうむらず、ききん、および衣服と家のすべての釘、庭の釘は青銅であったのはヤベシ・ギレアデの人々はダビデの町シオンを見よ。彼は強情で、その民がその敵とその命を保ち、あなたは怒られたからです。われらに助けを求めよう」と言うけれども、その口は砂利で満たされるからである。彼とダンの部族の木を枯らし、その実はレバノンのように倒れる。主なる万軍の主なる神よ、すみやか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる