ふるさと納税で日本を元気に!

樋爪諒一さんに送る雅歌

樋爪諒一さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

に捨てられたからです」。ヒラムはまたつぼと十能と鉢を造り、両側では庭のために悩みを臨ませ、生きたままであります。断らないでください」』。このようにするのを喜ばれるようになって女は自分のくちびるの実をにがよもぎに変え、それを見捨てて置かないようにします」。アハブはエリヤに会おうと出かけて行ったが、長老たちとミデアンの長老たちおよび千人のベニヤミンびとが、衣服を洗い、祭壇の務と、宮の本殿である至聖所に入り、父ヤコブのもとに帰らせられることのない七本の新しい綱をもっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる