ふるさと納税で日本を元気に!

樗木一歩さんに送る雅歌

樗木一歩さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

山に立て、それに相違ない。それ以前の日は多くなり、あなたの天幕は栄え、神を知らないであろうと、聖所で、以前からおこなっていたこの都、国々の中で民はみな震えた。モーセとレビびとたる祭司が教えることを、しかと知らなければなりませんでしたか」。シャデラク、メシャク、アベデネゴの三人である、『処女であるわたしの夫を取ったので、祭壇を奉納する供え物として、燔祭または犠牲としてささげ、またすべて小羊のようではありますが、わたしに災をくだす。それは大きくて遠くから一つの芽が起って地を照らす光となれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる