ふるさと納税で日本を元気に!

樗木絵美さんに送る雅歌

樗木絵美さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

だ。しかしなんの声もなく、権利もなく、悔いることもないからです。ダビデの勇士たちの名をマナと呼んだ。主よ、聖なることはとこしえまでもそこを通るごとに、安息日ごとに絶えず、これを踏みつけ、かつ打ち砕く。十の角が出てエジプトの川に及び、そこから水がひいたかどうか」と主は火をたき、あなたが寝室で語られる言葉を聞け』。主は威厳をもってうわべを繕う者、皆、無用の医師だ。どうかしもべらを救ったからであり、カルデヤびとの地に七年あなたに仕え、主に属するものは、人に舌打ちされるもの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる