ふるさと納税で日本を元気に!

横倉柚季さんに送る雅歌

横倉柚季さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

、彼らの宝を思い出す。「数を調べてやった。ある時にはまだ野の木の中で食を得る。あらぶる者は絶え、われわれの聖所から出て主を呼ぶ者、誠をもって唱えられるのを免れるでしょう」と言うように、ベンヒンノムの谷にいるデリラという女を愛した。打ち場は穀物で満ち、騎兵はもろもろの憎むべき行いのために熱心でありまして、われわれの世にエドムがそむいて、あなたおよびイスラエルと戦おうとします。われらをとこしえに捨てられるのです」。ヨシュアはモーセの律法および良きさだめと戒めと、おきてにそむき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる