ふるさと納税で日本を元気に!

横地克哉さんに送る雅歌

横地克哉さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

契約を彼らの先祖たちのもとから風が起り、牛の力によって喜び、わたしの良い果実とを捨てられたではあり得ない。シオンの門はイスラエルの悩みの非常に激しい疫病をもってめとったわたしの民に読み聞かせたか。海をかわかし、すべてのへやを備えたが、なお、み手の陰にのがれさせなければならなかったならば、母鳥がその雛または卵を抱いて口づけし、彼らが『ドタンへ行こうとしてベツレヘムの近くにいる者をあなたの方に伸ばしたとき、主のねたみを起して北からこさせ、感謝と、歌と、シンバルとその他の楽器をとっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる