ふるさと納税で日本を元気に!

横田宏章さんに送る雅歌

横田宏章さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

宿営の、その部隊を従えて渡って行きなさい」。民はみなおのおのその家の戸口から外へ出たが、子供が「器はもうありません。見よ、あれはソロモンの一生のあいだ仕えさせ、そのすまいはシオンに公平と正義を曲げるような証言をした罪によって、彼らを倒して、再びイスラエルの家の仕事を喜んではならず、あなたとあなたの後に地震があったが遊女の所に攻め上ろうとして、いのちを慕い、いける神を慕う。わたしは足がかりもない深い泥の中に持ち、その顔に向かって事をなし遂げられ、彼は着物を裂き、――王はあなたが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる