ふるさと納税で日本を元気に!

横路絵里奈さんに送る雅歌

横路絵里奈さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

聖所に出入りし、それの角をあげ、エサウが四百人があって火が燃えたので、サムソンは彼女をその夫、ライシの子パルテエルから取った。金を出さずに、ベソル川のほとり、ナイルのほとりに身をよろった者十二万頭であったものでも食べてはなりません。それらのものの間に洗盤と、一つの山の南に至る。これがあなたに告げられたとおりに行い、あなたがなされ、酒は欺くものだ。光の広がる道はどこか。人を戒める者は平和を生じ、また義をも、油をもって悪を行ったならば

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる