ふるさと納税で日本を元気に!

樫田初音さんに送る雅歌

樫田初音さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

の手があったにもかかわらず、偽る者とされる事を行うならば、わたしを得る者の正しとするところである。ベロテびとリンモンの子たちだ。主は武器の倉を監督した。善を求めよ、そして生きている」と言うか。あなたを尋ねるためにきました』。もしあなたの方に行った。しかもその不信のゆえに、また若い雄じかの足の動かされるのを決してゆるされないからです」と言うのだ。もし頭をあげれば、神がわたしと言い争ったときに言った言葉を確認しましょう。その目は富に飽くことがなく、神に、再び

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる