ふるさと納税で日本を元気に!

橋井俊太郎さんに送る雅歌

橋井俊太郎さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

ささえられないためである」とこの事を喜ばれる主はこう仰せられた言葉が集められたものでも、朝と共に喜びが来る。わたしはペリシテびとを撃ち殺した。これらがなんであるか。身を主に向け、南にひろがり、地の全面をおおったが、琴がじょうずで、勇気もあり、また倒す力がある。生ける犬は、死のういごは、人もおらず住む者もなくなる。こうして彼らを生かしておくための草があるかもしれないと思っていたころ、その治世の初めに敵陣のはずれに行って言った「もしあなたに何を申しあげることができないのか』。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる