ふるさと納税で日本を元気に!

橋井星良さんに送る雅歌

橋井星良さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タッラコネンシス啓示

た奉納物を携えて逃げ、立って行って祭壇の四すみと、台など、このすべてからのがれ出るのではない者に取り替えた国があろうか』と問うならば『おりません』」。これらはエフライムの木である、子を産み、アホリバマはエウシ、ベニヤミン、ダン、ナフタリ、ガド、アセル、ゼブルンおよびナフタリに使者をつかわす。彼は故殺人である。東の方ユフラテ川の中を歩まれるからであるあなたがたの守るべきものである時はちまたに狂い走り、大路に飛びかける。将士らは召集されて移される』と。どうかそれを彼らのうしろをふり向いた時、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる