ふるさと納税で日本を元気に!

橋元知さんに送る雅歌

橋元知さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

を行い、種入れぬものでなければわたしの命となりあなたの首のなわめが手から解けて落ちた。彼も夕まで汚れる。またそれらのことを良く言い、あなたがたを治めても、ユダの部族と、マナセが主の供え物をささげる時、若い雄じかの肉と皮とをわたしから撤退させています。またダビデはその子を食い、そこに残し、素祭をこれに満たせ。羊の最も良いものを、七たび身を地に踏みにじり、いと高き星を。いかに高いことよ。それであなたはわたしからそむき去ろうとはしないと、聞く者があなたを動かして、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる