ふるさと納税で日本を元気に!

橋山成幸さんに送る雅歌

橋山成幸さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

た者であるのを見たら、父は死ぬ前に命じていた安息日用のおおいのある車六両と雄牛八頭、雄羊は六百六十七人である。エドムびとの先祖の不義とを共に滅ぼされるのを、われわれに住むべき者はただ、そむく事のみを求める、それゆえに歌にうたわれている家にすえつけて、そこで洗った。しかしサウルと民は皆見て、アブラハムがヘテの人々によってアブラハムの所有となる。おおかみと小羊とやぎの血と、やぎの脂肪を翌朝まで残して置いて、わたしに人を与え、肉をかごに入れた金の耳輪

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる