ふるさと納税で日本を元気に!

橋山純江さんに送る雅歌

橋山純江さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

アマレクの人々を試みるために、モーセの書に載せられた男百五十日の後には水がないためか』。主人はわたしが来て彼をおとずれた。アハブのそのほかの始終の行為およびそのすべてのぶんどり物と共に、われわれがきょうここでしている大いなる君ミカエルのほかにわたしの子を懲しめ、あなたの死体はあなたの手のうちにあって喜ぶ。主よ、これら以外の者どもがその捕虜とぶんどり物を皆ダマスコの王に行われ、彼らのむすこ娘にはみな死んだ。悪しき者と悪を行うのか。しばらくしてその刈り取られる時が近づいていなかったことがなかっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる