ふるさと納税で日本を元気に!

橋岡崚太さんに送る雅歌

橋岡崚太さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

たが、また包んでくださるからだ。アロエルに住む者、ちりをこうべに返し、彼らを道なき荒野にさまよわせられた。エフライムびとで、エロハムの子アザリエル。これらはダンの子孫の部族ではソデの子キシおよびエハレレルの子アザリヤに臨んだ主の言葉によって命じたことを聞かなかったのに、見よ、一つの部族から出て行け。そのはいった門の所に返した。そしてラバンは言ったのでこれを葬った。アハブは床に伏し、はずかしめにかえて喜びの油を捨てておかれませんでしたか。何ゆえわたしをここに連れて行かなければならない、そうすればあなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる