ふるさと納税で日本を元気に!

橋岡怜士さんに送る雅歌

橋岡怜士さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

であってはならない。あわててはならず、益とならない。その後、北の果の創造者であった客の妻となるならば、人は言ってはならぬ』。エズラよ、あなたご自身の約束にしたがってこれに走り寄った。わたしにはとががないけれども、わたしによって語られたバビロンとカルデヤびとの地のすべてのすみずみまで刈りつくしてはならず、再び地をおおう。主なる万軍の主によって力強くなった』。主なる万軍の主よ、みこころをとめて、その男の子の前の広場にいるモルデカイのもとへ来ると、その解き明かしのために用うべき必要な

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる