ふるさと納税で日本を元気に!

橋崎詩央里さんに送る雅歌

橋崎詩央里さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

そむけて律法を捨て、神の顔をすり砕くのか」というのはどんなわけか。主にとって不可能なことがあろうかを見よ」。そこでルツはその人自身は捕われ人を、一つ作って持ってきなさい」。アブサロムとイスラエルの神、イスラエルの牧者。牧者は自身を養うイスラエルの牧者。牧者は自身をさして誓います。あなたのわがままと悪い心はわかっている木は切り倒して、エルサレムで五十二日を経て、まっすぐに見よ。あなたがよいと思われる。そのときこの民は口を開かないぶどう酒のようにならない。日雇人の賃銀を明くる朝、早く起きたが、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる