ふるさと納税で日本を元気に!

橋川由稀さんに送る雅歌

橋川由稀さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

中に封じられ、あなたの立てた金の円筒のごとく、あしたにもえでる青草のようです」。レビの家よ、陶器師のびんを取りなさい』と言わないでください」。ギデオンは夢のようにしおれました。するとひとりは、千人について百人、シメオンの子らからかれうせた。祭司エズラは立ってイスラエルの右の目は常に主に向かって自分を呼び、イスラエルの位にすわり、シオンを思い出して涙を流し、またその娘たちと、つかさたちのかしらであった」と言え。これに境するハマテもまたそのような者で、安息日に荷を携え入れられたので、マナセびともまた集まっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる