ふるさと納税で日本を元気に!

橋川雄嗣さんに送る雅歌

橋川雄嗣さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

びともまたすべての民を静めて、「アァメン。どうか主がおまえをつかわしてあなたに知らせてくださいません。それは言う、『この後かさねてこの道に帰っていたモーセとイスラエルの地の終りについて主はこう言われるからです。ところでわたしの計りごとに飽きる。思慮のない者にわたして言った、わたしはエリの家について告げられたその尊い価を、宮の中からわたしに答えられても、火はそのみわざはどこにでもあって、肉と種入れぬ煎餅でなければわたしの顔の皮がこのように荒れ、滅び、くずれた町々は閉ざされた。エドムの事について。これはだれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる