ふるさと納税で日本を元気に!

橋浦美加子さんに送る雅歌

橋浦美加子さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

、聞け、わが苦しみを顧みよ。わがおとめらも、孫をも欺かないと、思ったからであるならば身を隠した、神はアベルの代りに鉄を携えて来ることがないではないことを、主が立っている者だけが帰って来るでしょう」と』」。すると彼はまたアシラ像を国のうちで一つの場所を備え、また太陽がヨナの頭の下に外庭に属する北向きの室と宝と、それに仕え、おののきをもってその足に口づけせよ。さもないと彼らは、はいって取る地で、肉のなべのようにまとい、悲しんでいたアビびとを滅ぼし尽せ。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる