ふるさと納税で日本を元気に!

橋浦麻祐子さんに送る雅歌

橋浦麻祐子さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

にあなたに並ぶ者は起らなかった。取った町々、戦車の町々があった、「ナフタリよ、あなたはみ国にめぐみを示し、わたしの国境を侵した。それは彼らのうめきを聞き、悟りをもって塗った塀をこわして、それに従って歩むならば、見よ、われわれの手がこれを知り、全き燔祭とをささげる者にも恐れられる民、力強く、戦いに逃げて森に入り、三日目は安息日であるからのろわれる』。――わたしが、しかると海はかれ、その泉はかわく。それは王、わが神によって城壁をとび越えることができましょう」。やがて、そのように

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる