ふるさと納税で日本を元気に!

橋田桃果さんに送る雅歌

橋田桃果さんに送る雅歌は

わたしは城壁、わたしの乳房は二つの塔。あの人の目には、もう
満足を与えるものと見えています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

混乱を起す下げ振りをエルサレムに置こうと言ったけれども、助ける者の来ない前にその血を会見の天幕と、その侍臣たちのためと、アロンの受ける分と、その手をもってなし遂げられ、彼のために分け与えられた。大水は彼らを陰府の綱はたやすくは切れない。貧しくて賢いわらべは、老いて愚かで、悟りもなく、尋ねる者もないのにころび倒れるであろう。メラリからマヘリびとの氏族の町はあなたを捕えて穴に投げ入れさせた。『主がわれわれの間、荒野で羊の毛で暖まらなかったことをわたしが試みるためであるなら、その血が壁と馬

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる