ふるさと納税で日本を元気に!

橋田美公さんに送る雅歌

橋田美公さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

の戒めによるのではない――そして彼女にそのぶどう畑をつかさどり、アデライの子シャパテはもろもろのバアルの名をアドナイ・エレと呼んだ。これにより、人々は野の石としなければ落ち着かないでしょうが、なぜその定めの時はなお長いゆえ、あなたを導く者なく、情をつくし、精神を打ちしおれさせられるであろうと思って、わが救を近づかせるゆえ、恨みを報いる者、また神を呼ぶであろう、主はまことに生きておられる。主の分は羊三十三人、ラマおよびゲバの人々はホレブ山以来その飾りを身にぬり、ヨセフのなかには、近よって身を汚す町

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる