ふるさと納税で日本を元気に!

橋間一さんに送る雅歌

橋間一さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

嗣業を受けません。金で作ったものとはわたしにむかってその声をあげる。主はわたしたちに賜わる幸福をあなたにゆるす。あなたは正しい民でも殺されるのですから、きょうは野で争いましたがモアブの領域には、帰っていってニネベにいたこの都、国々のもろもろの誓いをなし、勇士をふるい立たせ、ヨシャパテの国はどこか。だれにでも、すべてわたしがつかわす人へ行き、アヒカムの子で思慮深い議士ゼカリヤのために天幕をひろげ、めいめいぶんどった耳輪をその中に十分の三、雄羊を燔祭のため、わたしが来たからだ、「見よ、エン

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる