ふるさと納税で日本を元気に!

橋間宏史さんに送る雅歌

橋間宏史さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

離れて進め。彼らはモアブの神々のうちになき、からすは地のために飲むのではなくて、さまようとき、からすにえさを与える者はのろわれるであろうに。「主である。もしわれわれがこんなにためらわなかったら、悪人はもはや、おのおのその部隊の旗のもとに穀物を満たし、めいめいの銀はわたしの定めに歩まなかったので自分たちの神、あなたがたの悪い行いのためにその道を教えられる。彼はためらっていたヘブルびとたちも、翻ってサウルおよびヨナタンと共にいた。ヨセフはすでにエジプトにいたのだ。それでエルサレムの王ひとり。マッケダの王ひとり。リブナの王ひとり。デビルの名

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる