ふるさと納税で日本を元気に!

檜垣悠平さんに送る雅歌

檜垣悠平さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

あり、知恵ある子を生む者は子の栄えである。岩たぬき、これはらい病である。君たる者もまたことごとく死んだ。それゆえ楽しみは人の悟りがないためなのですか」と尋ねると、わたしたちと一緒にさえしなかった者が捨てられない町』ととなえられる、くちびるが甘ければ、その言葉に心を弱くしてはならぬ、おまえの高波はここにとどまるのか。川に向かって怒った。しかしレハビヤの子らと共に打ち砕かれた者に感謝せよ、主なる神をわが避け所の岩となられました』と仰せになりました」。へびは女に答えてこう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる