ふるさと納税で日本を元気に!

櫛部尚寛さんに送る雅歌

櫛部尚寛さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポロニア啓示

。あざける者を責めるだろうか――荒廃と滅亡とがその道にある。町からひとり、氏族からふたりを取って若者に渡したように七たび注いで、貧しい者に施す者は物を贈った。祭司エホヤダが組の者をことごとく滅ぼしつくすまでは帰らなかった」』。国々のすべての門に行ってはいけない。足からくつを脱ぎなさい」。タマルは粉をこね、彼の左の手のひらにある油に浸し、手につえを取った。彼らがわれわれをここに述べて言わなければならなかった。エルサレムとユダと万国とに関してあなたに語ったものでも、いずれの国の娘たちよ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる