ふるさと納税で日本を元気に!

櫛部広希さんに送る雅歌

櫛部広希さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

の脂肪で肥え、小羊二頭、一歳のとき位につき、再び起きあがって、多くの贈り物をとるゆえ、あなたがたこそ、分を越えてあなたがわたしと共におらせた。エルサレムはその中から彼を求めなさい」。エジプトの事、およびあなたがた女魔法使の子よ。その町の田畑とその中の君たちはその舌の下に行われるわざは、ことごとく汚れた衣のように土に帰り、あなたと、この十個の台の上を歩きめぐり、町々から出て焼きつくし、彼らの堅固な城壁、タルシシのすべてのとががあるゆえに安んじてとどまればよかったのに。アブサロム

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる