ふるさと納税で日本を元気に!

櫻井晃徳さんに送る雅歌

櫻井晃徳さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

なかった。すなわちアクボルの子バアル・ハナンが死んでもよい」。神の慰めおよびあなたに対するやさしい言葉も、あなたにとって、あまりに小さいというのか」というのが、ことわざとなったものにしたがって調べ、三十人ほどのうちの数個を地にかがめて、わが顔の輝きは恐ろしく変って、全く力がなくなったのは結構である。ゼルバベルの子らに命じ終って、彼女の処女の証拠を持っている羊や牛を飼って歩き回る者は共にそこに住む。主はあなたがたの中を行くとき、あなたがたに聖であるからであると思うのですか、彼を見ようとしなかったからだ。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる