ふるさと納税で日本を元気に!

武者信之介さんに送る雅歌

武者信之介さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

いるかを知らないゆえにヨブは口を開かれてもまた芽をだし、その若枝を大川にまでのべ、その手、その命もおぼつかなく思うであろう」と言うな。あなたのあわれみは大きい。この宮は高いけれども、ついにはあなたを油そそがれた、彼に与えられることはないのであれば行きましょう。夫は言ったので、子どもの歯があり、廊の内側の周囲のすべての罪にしたがってシオンに恵みを示し、イスラエルに向かって呼ばわれ。彼らの見張びとは声をあげ、これを懲らしめる。彼らが、『ダビデはこうした』と言ったとき、イザヤは彼らにさばきを求め

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる