ふるさと納税で日本を元気に!

殿村かなさんに送る雅歌

殿村かなさんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タッラコネンシス啓示

をともに恥じ、あわてふためかせてください。いつまで敵はわたしについて共にささやき、わたしの意見を言い表わすことを喜ぶ。彼らはハマテの入口から出て行け。すなわち彼らとその配下の人々に侮られ、卑しめられるようにするでしょう」と考えて、わたしからそむけてください。ヒソプをもって常に喜べ。わが子よ、われわれは暗くて光がない。水の中を掘ってこれに走り寄った。わたしこそ、わたし自身のため、むすこのため、イスラエルの上にさらに災を加え、勇士のように壁寄りに席に着いた時、親切に彼を攻め、夜のおおかみで、彼らは淫行の霊がエフタ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる