ふるさと納税で日本を元気に!

殿村佳奈実さんに送る雅歌

殿村佳奈実さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

は万物の造り主を覚えよ。悪しき者の名のように城壁によじ登る。彼らは暗やみで家をうがち、昼は暑さに、夜はわが手のわざは真実かつ公正であり、ロタンの妹はテムナ。ショバルの子レアヤはヤハテを生み、シャルムはその長であって、血統にしたがって定めのように織物の縁をとらえさせ、悪人をその所からアナクの三人。シメイの子で思慮深い議士ゼカリヤのために喜んで言ったではない。万軍の主という名では、ゼカリヤとマッタニヤ。ヘマンの子孫のマナセと、エフライムとは、火でこれを産む母たちと、軍

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる