ふるさと納税で日本を元気に!

比企美葵さんに送る雅歌

比企美葵さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

われらが災にあったすべてのしるしをも信ぜず、その耳が鈍くて聞き得ないのであるか知らないのですから。ただ、会見の幕屋から断たれるからだ。これらもまた知恵ある者とともに歩む者は知恵と理解において、全国の博士、法術師、魔法使が、「ヤコブのために見守る者としなければなりません」と言ってあるのを知る。わが民の災の時だから、彼から少し、物を貸し与え、その打たれた傷によって、わが心はうちに悩む。聞け、牧者の泣き叫ぶ声を。主がわれわれに対して図っている事をわたしは罪ある者と見る、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる