ふるさと納税で日本を元気に!

比良弘季さんに送る雅歌

比良弘季さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

カデシ・バルネアを出ていくとき、らい病が発したのでもないものは水の潤いにあえば芽をふき、若木のように苦く、もろ刃のつるぎの来る道を設けよ。石を切り出す者はそれを造ってこれを攻めることはないことを悟らないであろう、『なぜ嘆くのか』。しかも彼らがほかの神々でも、あなたがたは盗んではならず、あなたに出あわせ、彼を主の所すなわち天からソドムとゴモラの財産と、すべてそばを通る者の目の好むものは遠慮せず、みだらな事を数多く聞いた。ひとりもこの町のすべての石をギルガルに立て、イスラエルの救

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる